☆第3回長良川ミドルトライアスロンinアクアフィールド102☆

2013.05.23 Thursday トライアスロン 21:23
JUGEMテーマ:スポーツ
 




☆第3回長良川ミドルトライアスロン2013

   in
アクアフィールド102☆☆☆

 







アイレクストライアスロンスクール所属、
最近ツーショットに慣れてきました
山崎選手&私 福井の
参戦レポートをさせていただきます!

 



山崎選手はこの大会2回目!

そして私は初ミドル!

私にとってこのレースは、来月行われる
アイアンマン70.3 セントレア知多・常滑ジャパン」への

参加資格を取得する意味でも大事なレースです。
これをクリアしないと・・・
というプレッシャー
を背負いながらの戦いです。

そんな気持ちを察するかのような曇り空。
午後から雨予報も出ていたので祈るような気持ちで、

 


いざ、出陣!!

 




まずはスイム編☆

 

受付や準備などあまり時間がなくバタバタ状態。
ウエットスーツの着用も何だか焦り気味。

破らないように、そぉ〜っとそぉ〜っと、
もう同じ過ちは繰り返しません!

山崎選手のワセリンと日焼け止めをお借りして私は完了

彼は私の手際の悪さからスタート5分前になってやっと完了。

(ファスナーを上げたり下げたり引っ張ったり、
ほんと申し訳ない
)

スタートは、3ウェイブ2分間隔のフローティングスタートです。

片道500mを2往復、中間で一度上陸します。




 

「もうここまで来たらやるしかない!!」



 

水温は20度位でしょうか、ひんやりと冷たい、
今までにない感覚です。

スイムに関しては、「無理せず楽に泳ぎきる」を意識しながら、
さあスタート!

特にバトルもなくスムーズです。
いい感じいい感じと・・・

コースロープが見えるように、
行きと帰りで息継ぎの向きを変える作戦。

これは自分でも名案だと思いました。

途中、多少の蛇行や、乗られ蹴られそして水を飲む・・・
という場面もありましたが想定内の事。

全体的にリラックスしたままスイム終了。

スイム中は山崎選手とは一度もコンタクト取れてません。
彼はめちゃくちゃ速いですから。

 







さあ次は陸へ上がってバイク編☆


 

今回80kという長い距離なので、バイクパンツに履き替える作戦。

前日の練習(着替え)の成果もあって、
スムーズにトランジションを終えスタート!

ここで一つ、山崎選手からのアドバイス。

バイク中に補給する食品を封を開けてセット。
(饅頭、カステラ、クッキーなどなど)

それをバイク中に定期的に摂取。

ゼリーだけよりこの方がいいかもということで、私も実践。

(ゼリーはドリンクボトルに溶かしてあります。)

ゼリーの多量摂取により腹痛を起こしやすい私にとっては、
ピンとくるもがあります。

 

 

 

 

このことが、後半の粘りに効いてきたのです。。。

 

バイクは、113.3k6周回。

風も強めのため、行きと帰りでは大分速度に違いが出る感じ。
追い風では気持ちよく
風に乗って走り、
向かい風は頑張りすぎず、でも極端に緩めない感じで。

マイペースで走れることが、こんなに気持ちいいものなんだと
何でもかんでもポジティブに変換です

DHバーポジションもさまになってきた、5周目に入った時です。


 


あと1周ちょっとかぁ、、、何とか行けそう





 

と思った瞬間!

バランスを崩してしまい転倒そして落車〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あ”〜〜終わったぁ・・・!(@_@;)


せっかくここまで来たのに、セントレアももう無理か、
いや皆生もヤバい??

9月の大会なら出れるかな〜〜

等々と一瞬のうちに思いが巡り、体は腰ぬけの状態。
右半分を強打して転んでいるので、実際のところ

起き上がれない状態です。

そこへ後続の選手の方が降車してくれて、
マーシャルの方を呼びに行ってくれました。

 

 

 

時間の感覚がよくわかりませんが、バイクチェックと
体チェック後にレース続行の判断を下したのです。(自分で)

右足の力が入らないので、それからは慎重にゆっくり走行し、
やっと80k終了。

※山崎選手とは周回ごとに何度も声を掛け合って励ましあいました!

(山ちゃん、調子いいぞ〜)

 




落車したことによる妙なハイテンションと、
少々のネガティブな気持ちが交錯しながらの最終パート、


ラン編☆





 

トランジットではラン用タイツに着替え、少しでも足を保護!?

初めの走りだしで、このまま続けるか判断するつもりでした。

 

「あれ?何とか行けそう!体も軽いかなぁ。」

 

 

ランは、1周4k5周するフラットな往復コースです。

ここもバイク同様、行きと帰りで風向きに差があるため、
それに対応した走りが大事です。

いつもなら、後半でかなりきつく感じてくるのが、
今回はあまり感じません。

負傷した足さえ持ちこたえれば、走りきれるだろうと
この時思いました。

 

先に述べましたが、
バイク時の補給食の摂り方が良かったのだと思います。

疲労する前に定期的に体に栄養を入れ、
維持して行くということができていたのだと思います。

実践してみて初めて実感!

途中からパラパラ降りだした雨も本降りに・・・

ですが、エイドでも積極的に食べ物を取り入れて
ランランランニング

周回コースなので、
ここでも山崎選手と声を掛け合い、気合は十分。

 

先にゴールされた山ちゃんの、
大きなパフォーマンスでの応援も随分力をいただきました


 





そして気持ちよくフィニッシュ!!

 

終わりました、やっと(^o^)v

 

初めてのミドルディスタンス、
不安はありましたが終わってみれば、
フルマラソンより疲労も少なく!?楽しめました。

あの落車さえなければ〜〜と悔みますが、
今回、最後まで走りきることができて良かったです。

ただ、状況によっては勇気を持ってリタイヤする選択も
有りかなと思いました。

 

 


 


 

今回の初挑戦にあたって、
たくさんの方々にお礼を申し上げたいと思います。

まずは一緒に参加していただいた山崎選手。

行きはレースについての細かいアドバイスや体験談などで
気持ちの準備もでき、現地では会場の案内、誘導、荷物運び

などなどお世話になりっぱなし。
そしてレース中も声を掛け合いながら士気も高まりました。

帰りは車中反省会。
良かった点、悪かった点、今後の抱負など
有意義に時間を使わせていただきました。

ありがとうございました。

そして、谷監督をはじめ応援して下さった皆さん、

大会関係者の方々、

それから落車時に助けて下さった

レースNO.
419の選手の方、

本当にありがとうございました

 

 



リザルト☆


〜出場者206名(完走者198名)〜


 

山崎選手

タイム4:42:21 総合23位・年代8位

 

福井        

タイム5:48:28 総合139位・年代1位












福井選手、山崎選手、快走おめでとうございました!!
福井さんその後、具合はいかがですか。
今週は、積極的レストウィークにしましょうね。どうぞお大事に。
落車は大変痛かったですが、お二人とも、冬場の練習成果が
しっかりと出た、最高のシーズンインになりましたね。
どんどんこの勢いで、NEO&田原皆さんをリードしてください(^O^)/
イエ〜イ、前日のNEO練習より。

















アイレクスはみなさんのトライアスロンライフを応援します!
www.ilex-triathlonschool.com

0

    スポンサーサイト

    2019.09.16 Monday - 21:23
    0
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      トライアスロンお疲れ様でした。
      友人が参加しましたので写真撮影しスライドショウとして
      ユーチューブにアップしましたので宜しければ観てください。
      アドレスを貼りました
      http://www.youtube.com/watch?v=XOM2GHTRnsI&feature=player_embedded
      タイトルは・・・
      『長良川ミドルトライアスロン2013.5.19 スライドショウ』
      • ats0903th
      • 2013/05/26 10:05 PM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2018/06/09 12:57 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      Sakura Calendar

      エントリー

      カテゴリー

      アーカイブ

      コメント

      profile

      リンク集

      検索

      others

      CYCLE MODE international 2017 CYCLE MODE RIDE OSAKA 2019

      mobile

      qrcode
      無料ブログ作成サービス JUGEM